ずくなしのプア生活2 

ワーキングプアから抜け出せれないおっさんのブログ

無職がユーザー車検に向けて準備を始めてみる。

f:id:poor-zukunashi:20201013091711p:plain

時間はたっぷりある・・・うん毎日が日曜なので(笑)

余計な出費は抑えたい「単なる貧乏なので・・・」と感じてるおっさんがユーザー車検に挑戦しようという企画です。

勤め人してた頃は時間が作れない故にほぼ業者に任せれば勤めながらにして継続できるので自分で通したことはほぼ無いです。金で解決

有効なる時間が増えたのを機にどんな流れでどのようにチェックされるのか知っておけば、経験になるし次回も継続できるだろうと思う。

 

ユーザー車検に用意するものとメリットデメリット

ユーザー車検受けようと思ったきっかけは、黒車子の車検期限が来月に迫り働いてないことも重なり時間を作れる良い機会なのでチャレンジしようと、

そして何と言っても、ずばり車検費用を浮かすことが真の目的 笑

分からない事はグーグル先生に教えてもらいここではざっくりと説明してますのでご了承ください。 なんせ超絶初心者ですので。

ブログや公式ホームページから情報を得て分かったことは飛込での受付はできないらしく事前に予約を入れるが通例らしいです。下記が公式サイトのようです。

www.kei-reserve.jp

先ずは予約をしないといけないんですね。

書類関係の準備は他サイトやブログを徘徊し情報を得たので事前に用意するものをひけらかします(笑)

※自動車検査証      ※継続検査書

※納税証明書       ※重量税納付書・印紙

※点検整備記録簿     ※自動車検査票・手数料納付書・印紙・証紙

             ※自賠責保険24ヶ月又は25ヶ月

点検整備記録簿ってあまりなじみがないけど24ヶ月点検しましたよーっていう各項目にレ点入れてあるやつですね自分の車検証の中に過去の点検記録が入ってますが絶対的に必要という書類ではないみたいに書いてあるサイトもありました。 

赤で記してあるところは当日に協会で受付の際入手します。

ユーザー車検におけるメリットデメリット

これもグーグル先生に聞きました! プロに任せるならこの点は心配に及ばず交換しないといけない部品があれば電話で済むことなので任せっきりって人も少なくはないと思います。私もそれにあたりましたが。

メリット

※基本整備費用が含まれず継続検査費用のみなので費用を安く抑えられる。

※経験を積み重ねれば流れがつかみやすく代行としてメシを食っていける。

デメリット 

※時間と手間が必要。

※事前整備(自分で)行う際不具合箇所が発見された場合受けれないリスクがある。

※検査ラインで不具合が見つかった時のリスクが大きい。

細かいところまで挙げれば多々ありますがメリットがある分デメリットも伴うことがあるのは頭に置いておいたほうがいいですね。

ユーザー車検準備、とりあえず車体の不具合場所のチェックをする。

プロではないので検査できる部分は限られてますが、なるべくリスクを最小限にしたいと思いコツコツと点検整備してます。

www.zukunashi-poor2.xyz

先ずブレーキのチェックとしてタイヤすべて外しブレーキパットとブレーキライニングの点検しました。パットやライニングの減りが気になりはしましたが許容範囲内には収まってるけど交換はしておきたいとりあえずエアで汚れを吹き飛ばし紙やすりで磨きもとに戻しました。

下回りの点検でブーツ類もチェックしたいので、油圧ジャッキ買いました。

f:id:poor-zukunashi:20201013091745j:plain

下回りでブーツ類のチェック、エンジンとミッションの繋ぎ目からにじんでいる痕跡が・・・垂れるほどではないのでパーツクリーナーでオイル汚れを吹き飛ばしウエスでふき取りとり小さい金槌でボルト類をコンコンして緩みないかチェック、最後に水道水にて洗浄 
エンジンルームも埃で汚れてたのでウエスでふき取り樹脂部分はアーマーオールで艶出し・・見た目重視に綺麗に(笑) 
灯火類関係やメーター類関係もチェックしブレーキランプと連動のハイマウントストップが点きませんでした。・・・いつから点いてなかったんだろう。
予備の球は持っていなかったので近くのコメリに行き調達してきましたよ。
ポジションランプ左が点かなくてライト部分叩いたら点いた・・・というね。
点検したもののやはりブレーキ関係の不安フットブレーキの踏み込みが深いような、それとオイル漏れあと光軸とか、なんかデメリットのリスクが大きいような気がするけど
自分でできるところは限界があるのでできれば通って欲しいところ。
もし不具合がみつかりその場で修理可能であればということで工具箱と予備球など積んでいこうと思います。余計かもだけど余計な荷物とかは下しました。
そしてこれがいちばんだと思うのは車検当日まで乗らない(笑)
ということなので今は旧車子が日常の足となっとります。