ずくなしのプア生活2 

ボロ家に住む田舎っぺブロガーが楽な人生送りたいと模索し続けるブログ

夜勤勤務が終了しました。そこで実体験した夜勤のメリットやデメリットなどお伝えします。

      スポンサードリンク

f:id:poor-zukunashi:20200913094047j:plain

土日祝日盆正月GWとカレンダーに関係なく夜勤されている方いつもご苦労様です。

夜勤...あの眠たいのに眠ることが許されない呪縛にハマったときの辛さなんとも耐え難いものがありますよね。

その反面給料がアップしたり平日の日中自由に行動できたり良いこともありますが・・・

そんな僕も約4年ほど続けてきた夜勤勤務が退職するのを機に先週有休2日取って3日間夜勤をして終了しました。

これ以上夜勤を続けてても事故や病気のリスクが高まるだけなので退職理由の1つとして退職を決意しました。

24歳で転職し夜勤勤務開始して何度か夜勤しない年もありましたがトータルで27年くらいは夜勤を経験してきた僕が実体験した夜勤の辛さやメリットデメリットなど忘れてしまわないうちに書き記してておこうと思います。

 

夜勤勤務は辛いだけで良いことはない。

夜勤勤務の時間帯で私が経験した夜勤は以下の通りです。

  • 1.某製作会社 隔週土曜休み(カレンダー休日)
  • 昼勤: 8:00ー17:00残業無し
  • 遅番: 15:30ー24:00残業無し
  • 深夜: 23:30ー8:00残業無し
  • 2現工場勤務 週休2日(会社カレンダー休日)
  • 昼勤: 8:00ー16:50残業1ヶ月2日以下
  • 夜勤: 20:00ー4:50残業稀にある 

上記の勤務体制で週が変わるごとに無限ループで勤務してました。

一見すると残業無いじゃん超楽じゃんって思うでしょうが、ど底辺である自分はほぼ肉体労働に匹敵する作業でありラインで流れてくるものをただ同じことの繰り返ししてたわけではないのです。

昼勤から夜勤へと週ごとでシフトしていくんで体内リズムも狂い睡眠不足になり様々な体調不良を伴い睡眠不足と体調不良この2つがいちばん辛かったですね。

 

僕は通勤距離が30キロあり夜勤明けの運転時は途中眠気が襲い運転してて周りが見えてないときも度々ありましたが早朝で交通量も少なかったことから事故にならず済んだという経験、もしこのまま夜勤続けててもいずれ身体壊すか事故して死ぬかなので退職を決意した1つの理由でもあります。 

正直今は、夜勤勤務から解放されてハッピーな気分になってるところです

夜勤勤務するメリット 

①平日用足しができる

平日に役場に行ったり銀行に行ったりまたは買い物など平日では空いていて用事が済ませやすくなってたりちょっとした観光もできたりしますけどしっかり睡眠取っておかないと1週間が悲惨なことになります。

②夜勤勤務は楽?

製作会社で勤務してた頃は事業所代表とか夜は居ないんで仕事中なのに休憩所でタバコ吸ったり又は椅子を並べて寝ていたりとずいぶん楽が出来ましたが、今の工場はそんな状況は作れなくてとても人目が厳しい会社で楽はできていません。

③給料が良い

メリットの最後になりますが今働いてる工場では「夜勤手当」「交代勤務手当」の両方もらっているので4~5万ほどプラスされて休日出勤月に2日していたので1.35増し時給になってました。 

 ④昼間家に居るので宅急便を受け取れる

昼間は留守にしてしまい受け取れなく夜間に再配達してもらうのがもうしわけなくて

一人暮らしの僕は通販で購入した物は夜勤週の時に届けてもらうようにしてます。

 

夜勤勤務するデメリット

メリットよりデメリットのほうが多いので皆さんに一番伝えたいのがこのデメリットなんです。

①とにかく眠い

僕はとにかく眠くてぐっすりと寝たにも拘わらず眠くてたまりませんでした。

夜食休憩を終えた後に急に眠気が襲ってきて帰宅する時間まで眠いのにいざ布団に入って寝ようとしても寝付けないなんてこともあります。

人間は夜行性ではないので夜働くこと自体間違ってると思います。

②体調不良

昼夜のシフト勤務していると睡眠サイクルが週ごとに変わってしまい自律神経のバランスが崩れ寝不足になり疲労と相まって体調不良になりちょっとしたことですぐ風邪を引き治りにくくストレスが溜まりやすくノイローゼになったりもします。

③事故のリスクが高まる

夜勤明けの帰宅時は注意が散漫になりぽっーと運転してしまい信号見落としてしまったりととても危険です。

工場勤務で帰宅時の通勤での事故がいちばん多く上層部はそんなの関係ない事故は事故だと朝礼で名前は伏せられますが晒されます。

④家族や友人とのすれ違い

僕の場合両親は自営業だったのですれ違いということも又友だちもゼロ(笑)なので

誘ったり誘われたりも無いですが夜勤の週はとにかく体がだるすぎてほぼ引き込もり状態でした。

⑤思考が停止する

これは睡眠不足と疲労から頭の回転が鈍り考えがまとまらず思考が止まります。

⑥冬寒い

工場系のCRルームや工場内空調とか効いていて暑さ寒さは凌げたりしますが、倉庫系の仕事は空調がなく僕の職場なんて屋根があるだけで吹さらし状態なので冬はめっちゃ寒く朝方になれば氷点下気温で手足が痛くなるほどでした。

また駐車場に停めた車のガラスが霜で凍っていて暖気しないと帰れずということも毎日で帰宅時間が遅くなったりしてました。 

これから夜勤をしようと考えてる方

夜勤をする心構えとしてチェックしてみてください

夜勤体制2直2交代と3直3交代で休日や残業が変わる

収入をアップさせたいなら残業も多い2直2交代で残業少な目休日は土日がいいなら3直3交代がお勧めです。

通勤時間は短いほうがいい

通勤時間が25分を超えるとショートカットして時短しがちになったり僕のように通勤ストレスになったりしますから長くても20分以内の通勤がベストかもです。

生活環境は整っているか

睡眠できる部屋は遮光カーテンやエアコンなどで睡眠の質を高めてあげるなど工夫が必要です。

上記は一つの心構えとして参考になればと挙げてみました。

 

夜勤勤務のまとめ

24歳から交代勤務をして間は抜けたけれどトータル27年くらいは夜勤をしてきて

夜勤は・・・昼夜交代のシフト勤務はもうしたくありません

夜勤は身体と精神壊すためだけでメリットは僕自身感じられませんでした

とにかく辛い!!工場勤務の夜勤はやらないほうがいいその一言だけです。

 

これから夜勤をやってみようかなと思っている方

もう一度冷静に考え転職を間違えないようにしてくださいまし。