なまけろぐ

「もう裸でいいじゃん」そうなる生活も近まなりそうなおっさんのブログ

金もらうためのハローワーク通い始まる当然かもですがまだ給付はされません。

f:id:poor-zukunashi:20201210220755p:plain

やっとリアルでハローワークでの就職活動が始まったという感じです。

無職になって丸2ヶ月と7日間(失業申請行って以外)はやりたい放題の好き勝手な生活っぷりをしてました。

そして本日です。悪い言い方をすれば金を貰うための活動が本日から認定日活動が始まったので行ってきました。

 

その本日の認定日の就職活動をした証となる説明会があり一昨日参加してきたのでざっくりと説明しますよん。

 

初回認定日前の説明会は保険関係、就職活動に関する説明と初回目認定日の就職活動になるので忘れずに参加しよう。

 

地域によってはハローワークで行われたり地方自治体の施設で行われたりします。

初めて失業保険申請に行ったときに保険の窓口で説明を受け渡される書類一式全てと筆記用具持参して指定された日時に説明会に行きます。

 

会場に行きますと初回申請したときの審査されて雇用保険受給資格者証と求職番号が記載されたハローワーク受付票が渡されます。

 

以前は全3時間ほどの説明会だったそうですが、コロナの件絡んでいるため1時間ほど短縮されたとのことです。

会場も密にならないよう1席間隔開けてマスク着用、除菌、体温チェックとなっていて

こういうことも半年も続けていると、もう当たり前のようなそんな感覚で慣れてしまうんですよね。

当日の説明会に参加した僕も含めて18人ほど説明会に参加してました。

自分は田舎のほうですが首都圏だともっと人数は多いのかな。

 

雇用保険説明会の主な内容をざっくり書き記しますが前半部分はとにかく眠かった。

 

雇用保険の説明会は以下の通りになってます。

 

前半の1時間ちょいはDVDの鑑賞で雇用保険と就職活動に関する内容について動画で説明を受けことになるんですよね。

ただ説明会の開始時間が微妙なところでして・・・

 

お昼ご飯食べた後でのお出かけだったこともあってかとても眠い1時間でございました。

マスクしてるからわからないのが幸いしたと思いますが・・・

 

マスクという鉄壁防具の裏であくびしまくってたことはいうまでもありません。

 

DVD鑑賞が終わると、保険担当そして就職相談担当の方より講習を受けます。

説明会の最後にですがセミナーの受講案内がありまして、参加するしないは自由となっていますが、

認定日に就職活動としてカウントされるので、私は参加を希望することにしました。

 

初回以降の認定日までには2回の就職活動をしないと給付制限がかかってもらえる失業給付がずれてくるので注意しよう

 

初回目の認定日の就職活動は1回行えばよくてね。

失業の待期期間7日後で認定日を挟んで雇用保険説明会があります。

この説明会へ参加することで就職活動1回とカウントされますので、あせって無理に活動しなくてもいいわけですしというか待機期間中はたぶん活動してはいけないとなってるはずです。

 

うん、私は当然のらりくらりの生活を余儀なくしていました。

初回の認定日と2回目の認定日までには2回の就職活動しなければなりません。

ハローワークに相談に行くか、気になる求人の応募をしなくてはいけないようです。

また、上記のように主だった求人もなくどうしてもカウントされるような活動もしてない場合の時などは就職セミナーや企業説明会に参加すれば就職活動としてカウントされます。 

事前にハローワーク通して応募することにはなりますのでその点は注意してくださいね。

 

そして2回目の活動としては認定日にハローワークに行き認定の手続きを行うと1回カウントされ2回就職活動したカウントとなり認定を受けることができます。

 

以上で初回目の認定日にハローワークに行ってきましたが、これだけは伝えておきます

認定日当日に行くのめんどうとかでバックレると自分が不利な状況になるばかりかこいつクズ人間だというレッテル貼られてしまうよ

行くのめんどうだなぁって思ってすっぽかすとか当日にバックレるということ絶対にしないでくださいね。

自分に不利になるだけで全くいいことなんて無いんですから。

ど底辺の末端にもならない無職、ニート分際の身分であるというをわきまえて行動しましょう。

 

当日にどうしても行けない理由も出てくるかもしれませんが、電話で行けない理由を伝えれば、ハローワークだって鬼畜ではないので日にちの変更をしてくれるはずです。

 

失業給付期間の間にバイトとかお手伝いとかしたらきちんと申請しましょう。

見出しのまんまなんですが、働いてしまい申請するとしましょう。

 

それがたった1.2時間だとしても働いた日は給付制限がかかり支払いはされないので注意してくださいね。

 

またたったの1時間だからいいやとか思ってしまい未申請のままで後に働いていたことがバレてしまったら返還を求められて最悪な場合は支給額の3倍返還しなくてはいけない結果となってしまいます。

 

実はね僕はこの3倍返しって都市伝説とばかり思ってました。

みなさんのなかでもそう思ってた方はいるんじゃないでしょうかね

 

いや3倍返しとか嘘やろってね。

 

でも・・・・実際の事でちょっとビックリした次第です。

 

まぁ、アレですねよっぽど早急なお金とか入用な時以外は働かないほうがいいということですね。

なんか以前何年前だろう・・・

ニートしてる人がテレビで言ってましたよね。

記憶があいまいですいません。ある言葉を思い出してしまいました。

 

 

働いたら負け

 

なにげにハロワでしっくりくる言葉のようだなぁってふと思ってしまいました。

ブログやアフィリエイトで不労所得でお金得ていることは働いてることとは違うよねって話し

 

相談窓口で聞こうかと迷いましたが・・・・

ブログにしてもアフィリエイトでも仕事としてる人

家計の足しにと趣味がてらにやってる人とでは違ってきますよね。

自分を当てはめてみるとつまらない記事を電脳世界にまき散らし日に数百円程度の収入しかならないんで労働しているという感覚は無いんですよね。

 

なのでね、結局聞かず終いだったんですが正直どうなのかな

なんかね・・・魚の骨が喉に痞えたようなそんなもやもや感がありますよ。

 

申請して、じゃあサイトのURLとか教えて欲しいとか言われたら嫌ですしね

ぜったい教えたくないですもん 以降書けなくなりますよ?

ハローワークの職員に観られてるとかさ

書けないじゃん 自分には無理です。

もしそうなってしまったらブログは削除するでしょう・・・・・・・・・・・・。